DTM講座

Binary-ID Music Studio

Home > DTM講座 > 作曲編 > テンション [アレンジ] / [Back]
[Menu]
1. テンション・コード 6.
2. その他のコード 7.
3. アッパー・ストラクチャー・トライアド 8.
4. 分数コード 9.
5. 10.

[和声]のコード解説の延長としてテンションを紹介してきましたが,ページがかさんできましたので,分離して詳しく見ていくことにします。

1. テンション・コード

基本コードを更に高層化したコード。ここまで来ると,生半可な使い方は許されないでしょう。音を積み上げるにあたって,若干の注意があります。

[テンション・コードの作り方]
1. テンションは上声部に置き,解決すべきコードトーンとは9度以上離す。
2. 9th音程の構成を避ける(7th(♭9)は除く)。

※♭9th音程・・・7th(♭9)は別として,ある音とある他の音とが短9度(♭9th)になるヴォイシングは原則として避ける。要するに,隣り合った音は一緒には使えないということ。

9thコード
9add9

9th 「ナチュラル9th」。ディミニッシュ以外のあらゆる4声コードに付加できる。
9th 7thコードにのみ使用。ルートの半音上のオクターブ上。ルート以外がディミニッシュを構成。
9th 3度のオクターブ上。謎のテンション。7thコードのみに使用。
11thコード 11th マイナー系のコード全般に使われる。
11th maj77th6thなどメジャー系のコードに使われる。7th(♭5)とはオクターブ違い(5度が入るかどうかで区別)。
13thコード 13th maj77thコードに使う。6thとはオクターブ違いなので,併用しない。
13th 7thコードのみに使用。他のテンション,特に♭9th,♯9thとの併用が多い。
add9・・・7度を意識的に使用しない場合の表記。

テンション・コードの使い方は,口で説明するのはなかなか難しいですね・・・。いずれにせよ,ダイアトニック・コードが構成する調性圏外の音を加えるわけですから,基本的な進行はダイアトニック・コードでつなぎつつ,それと平行させて別の進行を作る,といった感じでしょうか。まぁ,「気持ちよければ,全て良し。」です(汗)。

但し,スケール・アウト,コード・アウトだけは気を付けてください。一口にテンションと言っても,当然のことながら,「絶対に使えない組み合わせ(いわゆる不協和音)」も存在します。また,下のテンション・コード活用表にみるように,テンション・コードとは,必ずしも調性圏外の音を付加するというわけではありません。UST(アッパー・ストラクチャー・トライアド,後述)自体がスケール・アウトしないように気を付けましょう。

[テンション・コード活用表]
○・・・使える ×・・・使わない △・・・注意して使用
  9th 11th 13th
9th 9th 9th 11th 11th 13th 13th
maj7 × × × ×
6 × × × × ×
7 ×(7sus4
m7 × × × × ×
m6 × × × × ×
m(maj7) × × × × ×
m7(♭5) × × × ×

[補足] まぁ,特に覚えるほどのことではないのですが・・・。9thはほとんど全てのコードに付加できます。11thに関しては,メジャー・コードの11thsus4(よって,長3度とは♭9th音程になるため,使用不可)に,マイナー・コードの♯11thdiminish又はm7(♭5)になるだけです。7thコードには11th以外の全てのテンションを付加できます(11thの場合も,7sus4と捉えれば可)。13thについては,maj7(13)のみ別個に押さえておけば問題ないでしょう。

[Top]

2. その他のコード

今まで出てきたコードで主要なものは出揃いましたが,他にもこんなのがあります。

オルタード

-5,□alt,□ (♭5)

ルート,長3度,減5
オルタード・セブンス □7-5,□7(♭5) ルート,長3度,減5度,短7
オルタード・ナインス 9-5,□9(♭5) ルート,長3度,減5度,短7度,長9
オルタード・マイナー・ナインス m9-5,□m9 (♭5) ルート,短3度,減5度,短7度,長9

イレブンス

11

ルート,長3度,完全5度,短7度,長9度,長11

サーティーンス

13

ルート,長3度,完全5度,短7度,長9度,長11度,長13

マイナー・サーティーンス

m13

ルート,短3度,完全5度,短7度,長9度,長11度,長13
オーギュメント・ナインス 9aug,□9+5,□9(♯5) ルート,長3度,増5度,短7度,長9

ディミニッシュド・ナインス

dim9

ルート,短3度,減5度,減7度,長9

もはや,何でもアリって感じですね・・・。いずれにしても調性圏外ですから,真っ当な使い方はできません(笑)。

基本書によっては,載ってないコードがあるかも知れません。ピアノやギターなど楽器によって,使えるテンション・コードに若干の差があります。理屈はよく分かりません(汗)。ギターはUSTを基本コードからあまり離すことができないからでしょうか?

[Top]

3. アッパー・ストラクチャー・トライアド

少し話は前後しますが,テンション・コードの構成にとって不可欠なアッパー・ストラクチャー・トライアド(Upper Structure Triadという考え方について補足しておきます。

コード・スケール内のテンションやコード・トーンを組み合わせると,その一部に,本来のコードとは異なる長・短三和音が構成されることがあります。これらの長・短三和音はテンションを含むためコード・サウンドの上層部に置かれることが多く,アッパー・ストラクチャー・トライアド(Upper Structure Triad,「上部構造での三和音」)と呼ばれています。

このような三和音は,本来のコード・サウンドとは異なる音を上部に配置し,緊張感や違和感を醸し出す為に用いられます。よって,本来のコード・サウンドに近い性格の三和音を配置することは,あまり意味がないものと言えます。

右の図は,Dm7.9(.11)コードを分析したものです。これはテンション・コードですが,Dm7の上層部にC(C,E,G)を配置した形をとっています。このCをアッパー・ストラクチャー・トライアド(UST)と呼びます。

アッパー・ストラクチャー・トライアドはテンション表記の省略に用いられることもありますが,後述の分数コードを捉える際にも大切な理論になります。

[Top]

4. 分数コード

分数コードは,大別すると,

1. コードを転回してルートが変わったもの
2. ベース音と上に乗るトライアド(又は4声コード)の指定
3. コードの上にコードが乗るポリ・コード

に分かれます。

[分数コードの表記法]



F/G

F(onG)

1.は本来のルート音以外のコード構成音がベース音になる場合にこの表記を使います。但し,あくまでそのベース音をルートにとってコードを考えた方が良い場合もあります。2.3.は,いわゆるアッパー・ストラクチャー・トライアド(上述)を分子に置く分数コードです。

[よく使われる分数コード]
F/G型 俗に「フュージョン・コードと呼ばれる」。「m7.9(11)」コードの「ルート+7.9.11」。
G/F型 6.9(♯11)」コードの「ルート+6.9(♯11)」
B/C型 トニック・ディミニッシュ(mmaj7(♭5))。「B/C」は「Cmmaj7(♭5)」。

まぁ,こんなんはとにかく,サンプルサンプル〜です♪

[F/G型]

onchord1

「F/G→G7(♭9)→Cmaj7」の使用例です。なんだかとってもわかりにくいので,一応ベースも入れておきました。
「W-X」というコード進行の間,ベース音をペダルとして固定したものです。「F/G」というよりも,「Dm7/G」といった感じです。よって,「U-X」の代わりにもよく用いられます。
[F/G型]

onchord2

「F/G→G/A→A/B」の使用例です。こちらが,俗にいうフュージョン・コードですね。もはや調性とか関係ありません。お好きなようにキメちゃってくださいな,って感じです。
一般的に,ブリッジ・フレーズで使用されます。

[Top] / [アレンジ] All Right Reserved, (C) Binary-ID 1998-2003